ebisumart

ebisumart のタグマネージャ機能を用いて Sprocketタグを設置する方法を説明します。

スタートアップガイド

  • 本ドキュメントでは ebisumart のタグマネージャ機能を用いたSprocketタグの導入手順について説明します。
  • ebisumart を使用していることが前提となります。

導入手順

1. Sprocket タグを取得

Sprocket管理画面にログインし、左メニューの[拡張設定]>[タグ情報]>[Sprocketタグ]より Sprocket タグをコピーしてください。
もしくは、担当コンサルタントから Sprocket タグを受け取っている場合は、そちらのタグをコピーしてください。

2. ebisumart 管理者用画面のタグマネージャに Sprocket タグを新規登録

ebisumart 管理者用画面にログインし、左メニューから[データ解析]>[タグマネージャ]>[タグ新規登録/一覧]より[新規登録]ボタンを押下してください。

[新規登録]ボタン押下後に表示される[タグ新規登録・編集]画面では、以下内容を参考に各項目へ入力の上、確認ボタンを押下し登録してください。

項目

入力内容

入力例

タグコード
※入力必須

sprocket と入力してください。

sprocket

タグ名
※入力必須

sprocketタグ と入力してください。

sprocketタグ

タグタイプ
※入力必須

[カスタムHTML]を選択してください。

カスタムHTML

アカウントID

空欄にしてください。

タグHTML
※入力必須

「1. Sprocket タグを取得」でコピーした Sprocket タグをペーストしてください。

タグ出力箇所
※入力必須

[上部]を選択してください。

上部

タグ表示ルール
※入力必須

Sprocket タグを有効化するページのルール選択を行います。
通常は[全画面]を選択いただければ問題ありませんが、ページ毎に有効化の制御を行う場合は、ebisumartサポートを参照のうえ設定ください。

全画面

タグ非表示ルール

Sprocket タグを無効化するページのルールを選択を行います。通常は未選択でも問題ありません。

3. Sprocket タグ設置状況の確認

タグ設定後にタグが有効になったことを ebisumart 管理画面のタグ一覧で確認し、ヘッダにある[ビューを確認]から対象サイトへアクセスしてください。

Sprocket タグを有効化したページへブラウザでアクセスし、URL バー、もしくは Console へjavascript:alert( SPSDK.params.services ); を入力し、Enter キーを押下してください。以下画像のように ID 文字列が表示されれば Sprocket タグが動作しています。

以上で Sprocket タグの導入は完了です。
シナリオの設定方法はご利用ガイドをご確認ください。