ログイン状態タグ

ユーザーのログイン状態を Sprocket に連携して接客に活用するための JavaScript 形式のデータ連携タグです。

タグの設置場所

ログインの最新状況を把握できるように、ログイン状態が変わる、ログイン直後や、ログアウト直後のページでタグを出力してください。

📘

補足説明

  • 一定時間経過後に自動ログアウトするような仕様のサイトでは、サイト離脱後、再来訪時にログインステータスが変わっている可能性があります。その場合には、最新のログイン状態が把握できるように、再来訪時のランディングページでタグを出力してください。

データ項目

フィールド名(Key)

概要

値(Value)のサンプル

セグメント条件での使用

isLoggedIn

ログインしている:true
ログインしていない:false

true

ブーリアン

🚧

データ連携タグについての補足説明(全タグ共通)

データ連携タグの発火タイミングやバリデーションについては「データ連携(リアルタイム取り込み)導入手順」ページを参照してください。

JavaScript サンプル(ログイン時)

<script type="text/javascript">
(function() {
  var props = { isLoggedIn: true }
  console.log('Sprocket: Login props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
  SPSDK.record('login', props);
})();
</script>

JavaScript サンプル(ログアウト時)

<script type="text/javascript">
(function() {
  var props = { isLoggedIn: false }
  console.log('Sprocket: Login props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
  SPSDK.record('login', props);
})();
</script>

データ連携タグの実行順が保証できない場合

Sprocket タグが読み込まれてからデータ連携を実行する処理を組み込んでください。コード例は下記です。

JavaScript サンプル(ログイン時)

<script type="text/javascript">
(function() {
  var count = 0;
  setTimeout(function wait() {
    if (++count > 10) return;
    if (typeof SPSDK === 'undefined') return setTimeout(wait, 500);
       var props = { isLoggedIn: true }
       console.log('Sprocket: Login props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
       SPSDK.record('login', props);    
  }, 500);
})();
</script>

JavaScript サンプル(ログアウト時)

<script type="text/javascript">
(function() {
  var count = 0;
  setTimeout(function wait() {
    if (++count > 10) return;
    if (typeof SPSDK === 'undefined') return setTimeout(wait, 500);
      var props = { isLoggedIn: false }
      console.log('Sprocket: Login props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
      SPSDK.record('login', props);       
  }, 500);
})();
</script>