スタートアップガイド

  • 本資料では Sprocket と Synergy! との連携機能について説明します。
  • 本機能の利用には Synergy! のアカウントが必要です。
  • 本機能の一部は、ご利用いただく場合に弊社にて設定作業が必要となります。詳しくは担当コンサルタントまでお問い合わせください。

概要

Sprocket を Synergy! と連携させることで、 Synergy! が生成する顧客セグメントデータを用いた接客シナリオを Sprocket から配信することができます。
また、 Sprocket が配信した接客シナリオデータを Synergy! に連携できます。
Synergy! についての詳細は シナジーマーケティング株式会社のホームページ を確認ください。

Synergy! で生成した顧客セグメントデータを Sprocket へ連携するための設定手順


1. Synergy! トラッキングタグを Web ページに設置

本機能を利用する Web ページに Synergy! トラッキングタグを設置します。
※ Synergy! トラッキングタグはシナジーマーケティング様から受領ください。

Synergy! トラッキングタグ例

<!--外部ID連携タグ-->
<script type="text/javascript">
  if (typeof __tdata == "undefined") {
    __tdata = {};
  }
  __tdata["synergy.oct.syncColumn"] = "XXXX"; // 外部IDを格納するSynergy!のDB項目IDを記載。
  __tdata["synergy.oct.syncValue"] = "XXXX"; // 会員IDなどユーザを特定できる値の出力が必要。

function custom_tracking( window, document, script ) {
  var id =  "npad" ;
  var firstScriptTag=document.getElementsByTagName( script )[0],
  newScriptTag = document.createElement(script);
  newScriptTag.id = "synergy_tracking_tag";
  newScriptTag.async = true;
  newScriptTag.src = 'https://st-tm.msgs.jp/stm.js?id=' + id ;
  firstScriptTag.parentNode.insertBefore(newScriptTag,firstScriptTag) ;
}

window.addEventListener("syn-cts-creative-load",function(){
  var segments = [];
  Array.from(document.getElementsByClassName("synergy_segments")).forEach(elm => segments.push(elm.id));
  document.cookie="synergy_segments="+JSON.stringify(segments);
},false);
</script>
<script type="text/javascript">
(function( window, document, script ) {
  custom_tracking(window,document,'script');
})(window,document,'script');
</script>

<!--Synergy!トラッキングタグ-->
<script type="text/javascript">
(function( window, document, script ) {
  var id =  "XXXX" ; // Synergy!アカウントコードを記載。
  var firstScriptTag=document.getElementsByTagName( script )[0],
    newScriptTag = document.createElement(script);
  newScriptTag.async = true;
  newScriptTag.src = 'https://tm.msgs.jp/stm.js?id=' + id ;
  firstScriptTag.parentNode.insertBefore(newScriptTag,firstScriptTag) ;
})(window,document,'script');
</script>

2. Synergy! で生成した顧客セグメントデータを Sprocket へ連携するための JavaScript を追加

Sprocket 管理画面の[JavaScript 管理]から[新規 JavaScript 作成]をクリックします。

任意の JavaScript 名を入力して[作成]をクリックします。

作成した JavaScript ファイル名をクリックします。

Synergy! で生成した顧客セグメントデータを Sprocket へ連携するためのコードを記述し[保存]をクリックします。

Synergy! で生成した顧客セグメントデータを Sprocket へ連携するためのコード

(function() {
  var synergy_segment = SPSDK.$.cookie('synergy_segments'); 
  if (typeof synergy_segment === 'undefined') { 
    console.log('there is no synergy_segment');
    return;
  } 
  else if (synergy_segment === '["nothing"]') {
    console.log('there is no synergy_segment');
    return;
  }
  SPSDK.track('activities.custom.synergy_segment', {synergy_segment: synergy_segment});
})();

作成した JavaScript ファイルの [JavaScript の状態]を[有効]にします。

3. 行動データを作成

Synergy! から連携する顧客セグメントデータを受信するために必要な行動データを作成します。

[行動データ一覧]から[行動データの作成]をクリックします。

[行動データID]には synergy_segment と入力します。
[行動データ名]、および[行動データの説明]には任意の内容を入力します。
[行動データを送信するきっかけ]は[カスタム条件(開発者向け)]を選択し[保存]をクリックします。

以上の設定によって Synergy! が生成する顧客セグメントデータが Sprocket へ連携するようになります。
なお、連携した顧客セグメントデータを Sprocket の接客シナリオで使用するためには、弊社にて設定作業が必要となります。

Sprocket が配信した接客シナリオデータを Synergy! に連携する機能について


本機能では、「ポップアップを表示した」「ボタンを閉じた」などの Sprocket シナリオに対するユーザーの反応を Synergy! へ送信することができます。
使用するためには弊社にて設定作業が必要となります。

Synergy! に連携する接客シナリオデータ


{key: ['sprocket.start'] , value:[シナリオID],[フェーズID],[パターンID]}

シナリオの開始条件が満たされたことを示します。
データ例 : {key:'sprocket.start', value:scenario1,phase1,pattern1}

送信トリガー
  • シナリオの開始

{key: ['sprocket.shown'] , value:[シナリオID],[フェーズID],[パターンID],[ステップID]}

ポップアップが表示されたことを示します。ポップアップ表示の都度データが送られます。
データ例 : {key:['sprocket.shown'] , value:scenario1,phase1,pattern1,step_01}

送信トリガー
  • ポップアップの表示

{key: ['sprocket.close'] , value:[シナリオID],[フェーズID],[パターンID],[ステップID]}

ポップアップの ×ボタン(Closeボタン)がクリックされたことを示します。
データ例 : {key:['sprocket.close'] , value:scenario1,phase1,pattern1,step_01}

送信トリガー
  • xボタン(Closeボタン)クリック

{key: ['sprocket.start'] , value:[シナリオID],[フェーズID],[パターンID]}

シナリオが終了したことを示します。
データ例 : {key:'sprocket.end', value:scenario1,phase1,pattern1}

送信トリガー
  • シナリオの終了