購入データタグ

EC サイトの購入データの情報を Sprocket に連携して、接客のセグメント条件や分析に活用するための JavaScript 形式のデータ連携タグです。

主な活用方法

・累計購入金額に応じて接客を出し分ける
・累計購入回数に応じて接客を出し分ける
・接客シナリオ表示でどういう商品が購入されたか、詳細な分析を行う

タグの設置場所

購入完了ページにタグを設置して、購入データを出力してください。

データ項目

フィールド名(Key)

概要

値(Value)のサンプル

セグメント条件での使用

transactionId

購入トランザクションに紐づいた一意なID

'123456'

文字列
※必須項目

totalAmount

購入金額合計
※当該購入の購入金額合計をセットしてください。送料、消費税を含む金額を推奨。

7350

数値(整数)
※必須項目

consumptionTax

消費税額

668

数値(整数)

shippingFee

送料

960

数値(整数)

items

itemsというキーに個別商品データの配列をセットしてください。

[
{
itemId: '4774192627',
name: 'Amazon Web Services負荷試験入門',
price: 3800,
quantity: 1,
category: 'book',
brand: '技術評論社'
},
{
itemId: '4295000159',
name: 'いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本',
price: 1922,
quantity: 1,
category: 'book',
brand: 'インプレス'
}
]

配列

items[].itemId

アイテムに振られる任意のIDです。例として SKU ID などを想定しています。

'4295000159'

文字列

items[].name

商品名

'いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本'

文字列

items[].price

商品価格
※税抜を推奨

1922

数値(整数)

items[].quantity

購入商品数

2

数値(整数)

items[].category

商品カテゴリ

'book'

文字列

items[].brand

商品ブランド

'インプレス'

文字列

🚧

購入データタグについての補足説明

  • transactionIdtotalAmount は必須項目です。項目が存在しない場合はエラーとなり、データが送信されません。
  • totalAmountitems[].price は値が 0 でもバリデーションエラーにはならず、データが送信されます。
  • サポートしている文字コードは UTF-8 です。

🚧

データ連携タグについての補足説明(全タグ共通)

データ連携タグの発火タイミングやバリデーションについては「データ連携(リアルタイム取り込み)導入手順」ページを参照してください。

JavaScript サンプル

個別商品データはサンプルを参考に、配列として変数にセットしてください。ファンクション SPSDK.record() の第1パラメータに固定文字列 'purchase' を、第2パラメータに配列でデータ項目を指定します。

<script type="text/javascript">
(function() {
  var items = [
    {
      itemId: '4774192627',
      name: 'Amazon Web Services負荷試験入門',
      price: 3800,
      quantity: 1,
      category: 'book',
      brand: '技術評論社'
    },
    {
      itemId: '4295000159',
      name: 'いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本',
      price: 1922,
      quantity: 1,
      category: 'book',
      brand: 'インプレス'
    }];
  var props = {
    transactionId: '123456',
    totalAmount: 7350,
    consumptionTax: 668,
    shippingFee: 960,
    items: items
  };
  console.log('Sprocket: Purchase props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
  SPSDK.record('purchase', props);
})();
</script>

データ連携タグの実行順が保証できない場合

Sprocket タグが読み込まれてからデータ連携を実行する処理を組み込んでください。コード例は下記です。

<script type="text/javascript">
(function() {
  var count = 0;
  setTimeout(function wait() {
    if (++count > 10) return;
    if (typeof SPSDK === 'undefined') return setTimeout(wait, 500);
    var items = [
      {
        itemId: '4774192627',
        name: 'Amazon Web Services負荷試験入門',
        price: 3800,
        quantity: 1,
        category: 'book',
        brand: '技術評論社'
      },
      {
        itemId: '4295000159',
        name: 'いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本',
        price: 1922,
        quantity: 1,
        category: 'book',
        brand: 'インプレス'
      }];
    var props = {
      transactionId: '123456',
      totalAmount: 7350,
      consumptionTax: 668,
      shippingFee: 960,
      items: items
    };
    console.log('Sprocket: Purchase props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
    SPSDK.record('purchase', props);
  }, 500);
})();
</script>