スタートアップガイド

  • 本資料ではSprocketとPRISMとの連携機能について説明します。
  • 本機能の利用にはPRISMのアカウントが必要です。

概要

PRISMのパーソナライズド動画をSprocketの接客シナリオで利用することで、任意のユーザーセグメント、タイミング、場所でPRISMのパーソナライズド動画を表示することができます。
PRISMの詳細機能については株式会社クリエ・ジャパンのWebサイトを確認ください。

実装手順


1. PRISMパーソナライズド動画再生で使用するURLを取得

PRISM管理画面から、Sprocket接客シナリオで使用するパーソナライズド動画の再生URLを取得します。

2. Sprocketステップ編集画面へアクセス

PRISMパーソナライズド動画を埋め込みたいシナリオの編集ページ内のステップ編集画面へアクセスします。

3. ポップアップの種類と出し方/レイアウトを選択

PRISMパーソナライズド動画を埋め込むポップアップの形状や位置を選択します。
(以下画像ではポップアップの種類は[カード型]、位置は[中央]を選択しています)

ポップアップのレイアウトを選択します。
(以下画像では[本文のみ]を選択しています。)

4. PRISMパーソナライズド動画を埋め込むためのHTMLコードを記述

ページ下部にスクロールし、表示コンテンツ編集欄の本文の入力形式のプルダウンメニューから[HTML]を選択します。

「1.」で取得したURLを含めたiframe形式で本文内に記述し[保存]をクリックします。

コード記述例

<iframe src=“[「1.」で取得したURL]" width="960" height="540" title="PRISM Player" frameborder="0"></iframe>

以上の作業を行うことで任意のSprocket接客シナリオからPRISMのパーソナライズド動画を埋め込んだポップアップを表示することができるようになります。

接客シナリオのセグメント条件や表示比率、公開作業手順については Sprocketご利用ガイドを確認してください。

SprocketとPRISMとの連携機能の説明は以上となります。