ユーザー属性タグ

誕生日や会員が保持するポイント数を Sprocket に連携して接客に活用するための JavaScript 形式のデータ連携タグです。

主な活用方法

・誕生日クーポンを表示する
・保持するポイント数に応じてその活用方法を提案する
・メール配信がオプトアウトされているユーザーに対してメールのメリットを訴求する

タグの設置ページ

サイトの構造によりますが、ログイン直後など、ユーザーがログインしているページかつアクセス頻度が高いページに設置ください。複数ページに設置いただいても問題ありません。

データ項目

フィールド名(Key)概要値(Value)のサンプルセグメント条件での使用
userIdユーザーを識別するユニークなID
※ この項目があると会員ID連携されます
'123456'文字列
文字数:1〜128文字
使用できる文字:ASCIIコードの英数記号すべて
-
registrationDate会員登録日時'2018-11-23T00:00:00Z'
'2018-11-23T00:00:00.000Z'
'2018-11-23T00:00:00+09:00'
new Date('2018-11-23').toISOString()
文字列
※ISO8601拡張形式
gender性別'M', 'female', '女性', '0'文字列
birthday誕生日'1975-04-19'文字列
※ISO8601拡張形式、日付のみ
country国名'japan', '日本', 'JP'文字列
prefecture都道府県'東京都'文字列
point会員が保有するポイント数500数値(整数)
expiringPoint当月失効する会員ポイント数200数値(整数)
group会員をグルーピングしている場合にはその情報を入力してください。'G1'文字列
canSendMailメール送信可能: true
メール送信不可: false
trueブーリアン
isLineUserLINE ID あり(連携済み): true
LINE ID なし(未連携): false
trueブーリアン
purchase購入に関連するデータをセットします{
totalCount: 3,
totalAmount: 35000
}
オブジェクト-
purchase.initialDate初回購入日時'2018-11-23T00:00:00Z'
'2018-11-23T00:00:00+09:00'
文字列
※ISO8601拡張形式
purchase.lastDate最終購入日時'2018-11-23T00:00:00Z'
'2018-11-23T00:00:00+09:00'
文字列
※ISO8601拡張形式
purchase.totalCount総購入回数3数値(整数)
purchase.totalAmount総購入金額
※送料、消費税を含む金額を推奨
35000数値(整数)

🚧

ユーザー属性タグについての補足説明

  • [ユーザー属性タグ]はユーザーがログインしている場合のみ出力してください。非ログイン時に[ユーザー属性タグ]が出力されると、ゲストユーザーとして値が保存されるため、会員ユーザーとの値の紐付けができません。
  • 必須項目はありませんが、会員ID連携のために userId の出力を推奨します。
  • userId は文字列型ですが、例外的に以下のバリデーション仕様となっています。
    • 文字数:1〜128文字
    • 使用できる文字:ASCIIコードの英数記号全て
  • 文字列(ISO8601拡張形式) のミリセカンドの値は、サーバーへのデータ送信時に JSSDK で削除されます。
  • サポートしている文字コードは UTF-8 です。

🚧

データ連携タグについての補足説明(全タグ共通)

データ連携タグの発火タイミングやバリデーションについては「データ連携(リアルタイム取り込み)導入手順」ページを参照してください。

JavaScript サンプル

データ項目はサンプルを参考に、ファンクション SPSDK.user() のパラメータに配列でセットしてください。

<script type="text/javascript">
(function() {
  var props = {
    userId: '123456',
    point: 200,
    group: 'VIP',
    purchase: {
      initialDate: '2019-01-01T12:00:00+09:00',
      totalCount: 10
    }
  };
  console.log('Sprocket: User props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
  SPSDK.user(props);
})();
</script>

データ連携タグの実行順が保証できない場合

Sprocket タグが読み込まれてからデータ連携を実行する処理を組み込んでください。コード例は下記です。

<script type="text/javascript">
(function() {
  var count = 0;
  setTimeout(function wait() {
    if (++count > 10) return;
    if (typeof SPSDK === 'undefined') return setTimeout(wait, 500);
      var props = {
        userId: '123456',
        point: 200,
        group: 'VIP',
        purchase: {
          initialDate: '2019-01-01T12:00:00+09:00',
          totalCount: 10
        }
      };
     console.log('Sprocket: User props:\n' + JSON.stringify(props, null, '  '));
     SPSDK.user(props);
  }, 500);
})();
</script>